生酵素を飲む時期・対象人物について

ダイエットや美容、健康など、様々な方面にアプローチすることが出来る「生酵素」。話題のサプリメントですが、子どもが飲んでも良いのか気になる人は少なくありません。

 

メインユーザーが大人のサプリメントは、小学生や中学生が服用することで、本来はマイナス作用を狙ったものではないはずの成分も、発展途中の身体に悪い永久を及ぼしてしまう可能性もないわけではないからです。

 

しかし、「生酵素」の場合は、結論から言えばまったく問題はありません。これはそもそも、酵素自体が日常的に私たちの体内に存在しているものだからです。

 

そのため、サプリメントとして積極的に取り入れていっても、成長を妨げてしまったり、健康に何かしらのデメリットが発生してしまったりすることがほとんどあり得ないのです。

 

消化酵素や代謝酵素などは、身体が若いほどたっぷり存在しているものです。「生酵素」を受け入れる器は、むしろ小学生や中学生ほど広いと言えるかもしれません。

 

生酵素は生理中に飲んでも大丈夫?

「生酵素はを生理中に飲んでも大丈夫なの?」と、疑問に思う方がいらっしゃると思いますが、結論からいうと大丈夫です。

 

ただし生理中は、生酵素の効果の一つであるダイエット効果が低くなります。生理中は女性ホルモンの分泌量が下がるので痩せにくく、たくさん食べたくなる時期です。

 

生理中は気分も体調も芳しくないことが多いので、無理は禁物ですが、1食だけ生酵素に置き換えるくらいなら、そこまで身体と心の負担になることはありません。

 

生酵素にはお腹が空きにくいという特徴があるので、食べる量も減らすことができます。生理中はお菓子など糖質(甘いもの)も欲しくなりやすいので、お菓子などの間食で糖質を取る代わりに生酵素を摂取すると、痩せることはできなくても、間食分の脂肪の蓄積を防ぐことができます。

 

生理痛の原因の一つに、身体の冷えにより血液循環が悪くなることがあります。生酵素には、新陳代謝を活発にすることで血行を促進し、冷え性を改善する効果もあるので、生理痛の緩和にもつながるかもしれません。

 

生理中に生酵素を飲んで、体調が悪くなるようならやめた方が良いですが、無理無く飲めるのであれば続けても良いでしょう。